広交会の概況

中国輸出入商品交易会、または広州交易会とも呼び、1957年の春に創設されました。広州交易会は毎年の春と秋に広州で開催され、商務部と広東省人民政府が提携して開催されて、中国対外貿易中心が請け負われました。それが中国では、現在に歴史が一番長く、規模が一番大きく、商品の種類が全て揃って、購入者が一番多く、そして購入者の国別分布が一番広く、取引効果が一番よく、信望が最も良い総合的な国際貿易盛会であります。

広州交易会は60年の改革創新の発展を何度も経験し、様々な厳しい試練を絶え間なく引き受けました。それで、中国が世界との貿易往来を強めて、中国のイメージと発展成果をはっきり示しました。それが中国の企業は国際の市場を広げるための最も良質なフォームであり、我が国の対外貿易発展戦略を貫き、そして実施するための案内の示範基地であります。もはや中国の対外貿易の最も重要な促進のフォームであり、中国貿易の晴雨計と風向計となり、中国対外開放の窓口、縮図及びシンボルともなりました。

第119回まで、広州交易会の輸出取引金額はトータルで約1.2万億ドルになりました。トータルで出席の海外購入者は約764万人にもなりました。現在まで、毎回の広州交易会の展覧規模は118万平方メートルにも達し、国内と海外の出席企業は2.4万軒をも超えて、210以上の国と地区の約20万の国内と海外の購入者が出席しました。

近年以來、広州交易会は時代の発展脈拍を把握し、我が国の改革開放と対外貿易発展の足取りに応じて、中国対外貿易の転換と昇級を専念に促進させ、、我が国の国際化、専門化、市場化、及び情報化の発展方向に従って、知恵があるモデルを建設し、緑に満ちる発展を実施し、輸出貿易が単一機能フォームから取引先をを掴んだり、打ち合わせを展示したり、行内交流をしたり、情報を公布したり、製品を広めたりするといったような機能フォームに転換させるということを積極的に推し進め、貿易会を開催する水準がどんどん上がりました。